社会保険労務士の通信講座をDVDの中身の性質で比較

社会保険労務士の通信講座には、DVDを教材の一部として取り入れている品が大人気を博しています。
社会保険労務士の通信講座の話題が持ち出されることはあっても、なかなかDVDだけを比較するとなると 簡単にはできないため、DVDの内容を比べている例はあまりないようですが、 社会保険労務士の通信講座のDVDも、よく見れば各社で系統に違いがあります。

1. 通常の講義を再現する方式になっているDVD
これが社会保険労務士の通信講座のDVDでは、おそらく通例です。
つまり、学校の講義室にあるような教壇と黒板の前で指導をしている模様を視聴することになりますね。

この方式の場合、講師が黒板に書いて説明してくれるはずですが、講師によって どれくらい書いて説明をしてくれるのかはバラバラですね。また、手を動かして説明するため、 字が読みにくいこともときどきあることは否定できません。メリットは、学校で講義に出席している気分で 勉強できることで、特に通学者と同じ内容の講義を受けたい人にはいいでしょう。

2.通常の教室ではなく、特別な場所を設定しているDVD
講義中の様子をただ撮影したのではなく、DVDの受講者のために場所と時間、そして予算を投じて 講義を行います。スタジオの中で社会保険労務士の通信講座のDVDの撮影をしている例としては、 ヒューマンアカデミーやフォーサイトが有名でしょう。

この方式の場合、現実の学校の講義でたまに見られるような、間延びしたような時間が生じることはまずありません。
説明のために(手書きの板書ではなく)教科書の図版の内容等をデジタル化して表示してくれることも期待できます。

ただし、通常の学校の講義を再現しているDVDにこだわる方には、もちろんおすすめはできませんので 通常の講義を撮影したDVDを買うほうがよいでしょう。

3.DVDでありながら、動画(映像)ではないデータが格納されているケース
クレアールの場合、ただのDVD型の社会保険労務士の通信講座用教材ではありません。
オーソドックスな講義映像が入っていることは事実なのですが、そのほかに MP3で保存された音声データも入っているため、音だけで聞くこともできます。
再生機器を用意したら、外出するときに持参することもできます。

これは、CD等でよくある音声形式の教材(大原やフォーサイトがよくやっていますね)に似ていて、 音だけをイヤホンを通して聞き入れて、頭に叩き込んでいく勉強法もやることができます。

通学や通勤の途中のような、ささいな空き時間も無駄にしたくない人にとっては おすすめできる社会保険労務士用通信講座のDVDだといえます。