社会保険労務士の通信講座を、Web講座に絞って比較

社会保険労務士の通信講座の中には、Webで動画を見られるようにしているところがけっこうありますね。
Webは今ではほとんどの人たちが毎日のように利用しているサービスです。こんなに日常に根付いているシステムを、 社会保険労務士のような難関の試験の勉強のために使わないのは、むしろもったいないでしょうし、 社会保険労務士の通信講座を開いてきた各社もその需要に気がついて、Web上の動画による講義に どんどん進出しています。今ではもう、社会保険労務士のWeb版の通信講座は受講者にとって選び放題に なっているといってもいいくらいで、比較が必要になるのも無理はないことではないでしょうか。

ここでは、基本的な社会保険労務士のWeb版通信講座の中で、費用がかからない種類を紹介します。

1. 例外的に、10万円未満でも申し込める、Webによる社会保険労務士の通信講座
・ゼミネット
-入門編:2万円台
-入門・実践編:5万円台

2.10万円は下らないものの、15万円未満でも申し込める、Webによる社会保険労務士の通信講座
・大栄総合教育システム
-社会保険労務士 本科講座:約11万円

3. 15万円以上~20万円までの範囲で申し込める、Webによる社会保険労務士の通信講座
・IDE社労士塾
-Web通信ゼミ:15万円台
・DAI-X
-標準マスターコース:約15万円~
-合格総合マスターコース:16万円台
・クレアール
-一発ストレート合格Aコース:約15万円
-一発ストレート合格Aコース:約17万円
・大原
-入門完全合格コース:17万円台
-完全合格コース:約18万円
-入門完全合格ロングコース:19万円台

Web版の社会保険労務士の通信講座も、安ければよいということではありませんが、ここに並べた講座に関しては 特に内容に問題があるわけではありません……反対に「高くても豪華なほうがよい」ということであれば、 たとえばLECがやっているWeb講座はかなり高機能のメニューがつくため(ただのストリーミング等ではなく、 DVD機器のように自由に再生状態を操作できます)、20万円以上してもそれだけの価値があるでしょう。
(※ここに書いている価格は、変動する可能性がありますので、その都度よくご確認ください)