社会保険労務士の通信講座を費用の安さで抽出したら

社会保険労務士の通信講座は、他の資格の通信講座と比べたときに費用が高いと感じる人たちも多いようです。
なるべく費用をとられない社会保険労務士の通信講座を探す人たちは多いでしょうから、この場を借りて 特に格安の費用でも間に合う社会保険労務士の通信講座をまとめておきましょう。

15万円以上や20万円前後の費用がかかることが珍しくないのが社会保険労務士の通信講座です (社会保険労務士の試験範囲の広さを振り返ると、通信講座の内容も増えがちになりますし、費用がかさむのも 当然の結末なのですが)が、安さ優先で選ぶならどうなるでしょうか。
ここでは7万円円までで申し込める通信講座だけを揃えてみました。

・ゼミネット
-入門編:2万円台
-入門・実践編:5万円台
・日本マンパワー
-受験通信講座:4~5万円台
-受験対策ハイレベル講座:5~6万円台
・フォーサイト
-基礎講座:4~5万円台
-バリューセット(基礎+過去問講座):6~7万円台
・ヒューマンアカデミー
-【完全攻略】総合ダウンロード通信コース:5~6万円台
・TLTソフト
-合格保証なし:5~6万円台
・ユーキャン
-社会保険労務士講座:6~7万円台

実はこの中には、何らかの機材を使っていないものがけっこう含まれています。
つまり、テキストと問題集を中心とした出版物のみで構成されているものが多いというわけですね。
ヒューマンアカデミーのようなWebからのダウンロードや、 TLTソフトのような特別なソフトウェアの例もありますが。

この中では、ゼミネットやフォーサイトは数少ない例外だといえます。動画の配信やDVD・CDが 有名な通信講座です(費用の安さと社会保険労務士の通信講座としての質が両立しているのは なかなか貴重なことかもしれません)。
社会保険労務士の通信講座を買う費用があまり出せない場合、そして出版物だけでは物足りない場合は これらの講座は心強い味方となってくれる可能性があります。
(※ここに書いている価格は、変動する可能性がありますので、その都度よくご確認ください)